スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
後場からのシステムトレード会員規約
お申し込みになられる前に必ずお読みになって下さい。お申し込みされた時点で、全ての内容に同意したものとさせていただきます。

「後場からのシステムトレード」ランチタイムニュース閲覧会員規約 2009年5月10日

第1条 定義
情報提供サービス利用する会員を甲、情報提供者を乙とします。会員は、規約に同意した上で、所定の手続き後、情報の閲覧し、配信受ける資格を持つ者を指す者とします。

第2条 契約について
利用規約について乙がこれを承諾し、所定の手続き後、甲により入金が確認された時点で乙との利用契約が成立するものとします。

第3条 情報提供サービスの内容
当情報提供サービスは乙が独自に開発・構築した日経225先物のシステムに基づいた相場見解をインターネット経由で配信する情報提供サービスであり、投資勧誘目的や投資判断を指示するものではないものとします。あくまでも日経225先物の研究についての補助的情報提供を目的とします。提供される情報内容は乙独自の見解であり、すなわち、その内容が甲に対しての利益を保証するものではないものとします。また、情報提供を受けたのちの投資行動の一切は、自己責任の原則に則るものとし、万が一発生した損失についても、乙はその責を負わないものとします。

第4条 会費
会費は一ヶ月につき14,700円とします。
会費払い込み時の振込手数料は甲が負担するものとします。入金後、いかなる理由においても会費は返還しないものとし、契約成立時点で甲はこれを承諾したものとします。

第5条 サービスの中止・サービス内容の変更・会費・利用規約の変更
乙は情報提供サービスの内容を、甲に事前告知する事により変更、中止が出来るものとし、変更、中止などによって発生した損失・不利益については、乙は一切の責任を負わないものとします。また、乙は甲に事前通告することによって、次回契約時の会費を変更することが出来るものとします。また、乙は、甲に事前の通知をおこなうことなく、契約時の規約内容を逸脱しない範囲で、当規約を変更する事が出来るものとし、変更後の会員規約については、変更部分を通知するものとします。

第6条 会員の契約期間
会員の契約期間は入金確認後の翌日から一ヶ月間とします。

第7条 退会について
閲覧期間終了日の前日までに翌月の会費についての入金確認が取れない場合は、自動的に退会となります。

第8条 提供された情報の守秘義務
甲は会員サービスによって得た情報を第三者に漏洩・公開してはならないものとします。甲による情報の漏洩・公開により乙に損害が及んだ場合、乙は甲に対して損害賠償の請求をおこなう事が出来るものとします。 また、その際すでに支払われた会費の返金は一切行わないものとします。

第9条 個人情報の変更の届け出義務
甲は、メールアドレス等、個人情報の変更が生じた場合には、すみやかに乙に申告するものとします。申告なき事を要因とする、連絡事項の不着等による不利益について、乙は甲に対し一切の責任を負わないものとします。

第10条 インターネット環境の障害などの不測の事態による免責
甲のインターネット回線の故障、停止、その他の理由により乙からの情報提供サービスを閲覧が不可能な場合による、情報提供機会の逸失が生じた場合、乙は速やかに代替手段を講じるものとします。ただし、乙が情報提供を受けられるべく、最善の努力をしたにもかかわらず、解決できない事象(プロバイダやインターネット回線の重大な障害、災害、天変地異や紛争、甲自身の事故、急病等の不測の事態)が生じた場合には乙は甲に対して一切の責任を負わないものとします。

第11条 訴訟について
甲の利用規約違反等により訴訟の必要が生じた場合、当方の所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

投資顧問業法2条1項の除外規定と自己責任の原則
当情報提供サービスは乙が独自に開発・構築した日経225先物のシステムに基づいた相場見解をインターネット経由で配信する情報提供サービスであり、投資勧誘目的や投資判断を指示するものではないものとします。よって、特定銘柄の推奨及び購入や投資勧誘、売買指示を目的としたものではなく、あくまでも日経225先物の学習・研究についての補助的情報提供を目的とします。提供される情報内容は乙独自の見解であり、すなわち、その内容が甲に対しての利益を保証するものではなく、投資を勧めるものでもございません。よって、当サービスは投資顧問業務にはあたらないものであります。会員がその情報によりいかなる損失が発生しても、当方では一切の責任を負いかねます。投資の際の最終判断は必ず個々の自己責任によるものとします。

スポンサーサイト


未分類 | 【2009-05-11(Mon) 23:58:53】 | Trackback(-) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。